2014年5月1日木曜日

Twitterであの人とあの人をフォローしてる人を探せるSqueezeというWebサービスを作った的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル通りSqueezeというあの人とあの人をTwitterでフォローしてる人を探す事が出来るWebサービスを作った。

例えば@parteepeople@getstageをフォローしてる人って誰だろう的な。
ちなみにparteegetstageのリンクはこちら。

これからわかる事は株式会社g&h(自分たちがやっている会社)のサービスが好きなんだろうなって感じのこと。
じゃあそういう人たちに対してどうアプローチしていくべきか、
はたまた両方ともフォローしていない人にはどうやってフォローしてもらいアプローチしてもらうべきか、
ということを考える事が出来るためのツールみたいな感じ的な。

こういう視点で検索出来るツールはTwitter上にはないし、
Webアプリとしても存在しないので作ってみた。

まぁ使ってみれば何となくわかると思うし、色んな使い方が出来るツールなので、とりあえずこちらからよかったらどうぞ的な。
Squeeze - あの人とその人をフォローしてるというユーザーを探そう!

ということで若干だけれども解説をば。

とりあえずざっくりと作った環境としては、
heteml・PHP5・Twitter APIって感じ。
フレームワークを入れようかと思ったけど、逆にこれぐらいの規模だと面倒だなと思ったので今回は省略。
今後の展開としては入れてみようかと。

で、ざっくりとした考え方的なものとしては下記のような感じ。

twitterのscreen_name(@hogehoge)からfollowers/ids or friends/idsを使用してユーザーIDを取得。
それを条件分繰り返して全部に合致するもののみ表示するようにしている。

API制限に引っかかってしまうという問題などもあるので、あえてidsを使うようにし、
またさらにAPI制限への対応ということで取得したidsはサーバー上にキャッシュとして残し、
15分以内に生成されたものであるならば再利用するというルールを作った。
これによって大幅にAPi制限に引っかかる可能性を削減。

ただ問題点としては何十万フォロワーとかいる場合に全部取得出来るかというのがある。
API制限は15分に15回までというルールのため、もしかしたら引っかかってしまうかもしれない。
なのでそれに対してどう対応するかというのは考え中。


ということでまだまだ課題はあるかもしれないけれど、
ある程度の機能は搭載して、ある程度の使用範囲であれば多分大丈夫だろうというものを作ってみた。
今後は解析ツールとかそういった形でこれを上手く昇華させられればなぁと思っているのでどうぞみなさん使ってください的な。

Squeeze - あの人とその人をフォローしてるというユーザーを探そう!

ちなみにSqueeze(スクイズ)は野球で使うから知っている人も多いと思うが、
絞り込むとかそういった意味があったりする単語だったりするみたいな。

Adsense