2019年2月18日月曜日

@typescript-eslintでtypescriptのlintをeslintで行いつつ、airbnbの設定でいきましょう的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

typescriptを最近使い始めたわけで。
lintをするにはtslintが一般的だったんだけど、なんかeslintでもできるようになるよみたいなニュースもあったし、VSCodeのtslintのプラグインにdeprecatedっていう名前がつき始めるし。
ってことでtslintじゃなくてeslintでlintしちゃおうかな〜っていう。
で、さらにいつもeslintではairbnbでやってたから今回もairbnbでlintしたいなぁと。

ということで今日は@typescript-eslintを使ってeslintのairbnbをtypescriptにも適用しちゃおう的なお話をば。
ちなみについでにhooksのlintも入れてみましょう的な。

2019年1月12日土曜日

Expoでアプリをpublishしたときに、プルリクのコメントに書いてくれたり、slackに通知してくれるようなnpmパッケージを作った的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Expoで作ってるアプリのリポジトリにPRを出したときに、その変更をExpoクライアントで確認するためのQRをPRのコメントに出すための方法的なお話
これの続編というかパッケージにしたよ的な。
circleciのconfig.ymlにスクリプトを走らせるとかちょっと面倒なことがあったりしたんだけど、expo publish時に自動的にやってくれるからより便利になりました的なnpmパッケージ。

ということで今日はこれがどういうnpmパッケージなのか的な解説をば。

2019年1月8日火曜日

Expo v32で位置情報のバックグラウンドタスクがついにできるようになったり、プッシュ通知のインタラクティブなやつなどの変更点的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Expoがv32にアップデートした。
今回は予定の日付から約一ヶ月遅れぐらいだけど待望のバックグラウンドタスクなどなど。

Expo SDK v32.0.0 is now available

ということで今日は変更点的なお話をば。

2018年12月26日水曜日

ExpoでfirebaseのauthenticationにGoogle loginプロパイダを入れる方法的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

firebaseのAuthenticationでログイン方法って色々とあるんだけど。
その中でGoogleログインをするには的なところとかきになるわけで。
もちろんGoogleだけではなくて他のやつもなんだけど、とりあえずGoogleがきになるわけで。
Twitterでそこらへんを聞かれたから答えられないとなぁ〜と思ってみて。

というわけで今日はExpoでGoogleログインをして、それをfirebaseのAuthenticationに紐づけるには的なお話をば。

2018年12月4日火曜日

無限スクロールというか無限ページングを実施するためのjavascriptというかreactの書き方的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jQueryを使うような記事が多いので、使わないような書き方をば。
ちなみに前提としてReact環境下だけど。

2018年11月22日木曜日

Expoで作ってるアプリのリポジトリにPRを出したときに、その変更をExpoクライアントで確認するためのQRをPRのコメントに出すための方法的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ExpoではExpoクライアントアプリで自分が作ったアプリを動かすことができるわけで。
https://expo.io/ほげほげみたいな感じのURLでexpo上にそのファイルがホストされていて、ExpoクライアントがそこからJSバンドルを読み込んで実行するみたいな。
だから進めているプロジェクトの進捗を確認したいなぁっていうときは、expo publishをしてバンドルをホストし、それをURLなりQRなりで共有すればみんなで見ることができるっていう。
クライアントアプリに同じExpoアカウントでログインをしておく必要があるんだけど。

で、PRごとにそれが確認できたら便利だよなぁみたいな。
ちなみにreact-navigationがPRごとに発行していて便利だなぁと。
https://github.com/react-navigation/react-navigation/pull/5266

実はapprというものがあったんだけど、全然メンテされていないしなんかそれを使うとciの設定どうやったらいいのかわからないから自前で作ってみた的な。

ということで今日はそれを実現するためのお話をば。

2018年11月3日土曜日

Expo v31になったのでReact Native 0.57やAndroid JSCのアップグレードやスタンドアローンビルドのサイズダウンなど変更点的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

expoが Expo for Professionalsを公開して一週間程度で早速v31にアップデートしてきたっていう。

Expo SDK v31.0.0 is now available

早すぎるんだけどとりあえず今日は変更点的なお話をば。

2018年10月26日金曜日

Expoがオープンソースになったり、TypeScriptになったり、よりよいAPIの提供だったり、カスタムネイティブコードだったりなどなどに対応するよ的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Expo for Professionals

Coming to Expo: a new open-source repo, TypeScript, best-in-class APIs, custom native code, more platforms, and much more

Expoが新しくブログ記事を公開したんだけど、オープンソース化したりTypeScript対応だったりとかv31でどういう感じにするかとか諸々指針を公開したっていう。
なので今日はそれをざっくりかいつまんだ翻訳的なお話をば。

2018年10月10日水曜日

package.jsonのパッケージで気をつけておきたいバージョン記法のキャレット(^)とチルダ(~)的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

reactとかもちろんpackage.jsonでパッケージの管理をしているわけで。
そこで気をつけないといけないのがdependenciesとかdevDependenciesとか色々とあるわけだけども。
実は一番気をつけないといけないのがバージョンの指定方法。

現在babelの6とか7が入り乱れてる戦国時代的なことになっていて、webpackもだしparcelもだし色んなところでその煽りを食らっていたり。
特にparcelでその煽りを食らってしまい、なおかつこのバージョン指定方法でミスっていたために問題が発生してしまった的な。
ということで今日はバージョン記法についてのお話をば。

2018年10月9日火曜日

技術書典5にて共著でReact Native Expo + Firebase本を書いて出版したので、当日の雰囲気的なところから課題的なところまで的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

技術書典っていう技術系の同人誌即売会みたいなやつの5回目が2018/10/08にあってそこに本を出しました的な。
池袋のサンシャインシティの文化会館の2Fだったんだけどめっちゃ広いしですごかった的なみたいな。
そこで共著的な感じでReact Native(Expo)とFirebase使ってアプリを作っちゃおう的な本を出したんだけどみたいな。
ちなみにExpoでプロダクションでやってる事例ってほとんどないし、どこまで何が作れるのか謎な部分も多いのでInstagram風のSNSアプリの作り方的な感じでソースコード全文載せてるみたいな。

ということで今日はどうして出したのかとか、本を書くってどうなのとか、どこが辛かったのとか、どういう環境とか手段で本を書いたのとか、当日どうだったのとか、販売してみたの課題だとか諸々とあったよね的なことのお話をば。

Adsense