2019年11月25日月曜日

React NativeをバージョンアップしたらCould not connect to development serverとなってAndroidで実行できないときの対処的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

react-nativeとreact-native-unimodulesを最新版にアップロードしたんだけど。
諸々どのファイルをアップデートする必要があるとかは面倒だから説明はしないけどもリポジトリはこちら。

https://github.com/watanabeyu/rn-update-repo

で、その中でAndroidでどうしてもCould not connect to development serverとなって実行できないという問題が発生。
ということで今日はこれの対処方法的なお話をば。

2019年10月28日月曜日

XcodeでTARGETを複数作ったら、ちゃんとPodfileで作ったターゲット分installしましょう的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル通りな感じ。
今作っているものでfirebase使ってるし開発用とかでプッシュ通知とか考えるとどうしてもTARGETをわけてbudle idも変えておきたいなと。
ってな感じでTARGETもう一個作ってローカルでArchiveするともちろん問題なし。
ただしBitrise上でArchiveするとなぜかlibPods-targetname.aのlinkingが外れてる状態。

ということで今日はどうしてもlinkingが外れてしまうのはPodfileの書き方が悪いからちゃんとしましょう的なお話をば。

2019年10月27日日曜日

firebase functionsでDate()使ったときに9時間ずれてしまうのを直す的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

firebase functionsがアップされるサーバがUSのために9時間ずれてしまう的な。

ということで今日はそれを直す方法的なお話をば。

2019年10月24日木曜日

react-native-firebase/firestoreを使っていて、FIRESTORE INTERNAL ASSERTION FAILED: Could not load root certificates from the bundle. SSL cannot work.ってエラーが出たときの対処的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

react-native-firebase/firestoreを使ったらなぜか出てきた「FIRESTORE INTERNAL ASSERTION FAILED: Could not load root certificates from the bundle. SSL cannot work.」っていうエラー。
SSLで通信できないよ的な感じなんだけどよくわからず。
とりあえず調べていくとこのようなstack overflowが見つかった。

ってなわけで今日はfirestoreでちゃんと通信できないのを解決するには的なお話をば。

2019年10月21日月曜日

firebase functionsのhttps以外をローカルでテストするには的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

firebase functions使うとちょっとしたものを公開するのにすごく便利なわけで。
それにhttpsだけではなくpub/subなんていうのもあったりする。
このpub/subを使うとcronみたいなスケジュール的なことができたり。

ってことで今日はこのpubsubのテストをするには的なお話をば。

2019年10月16日水曜日

firebase clound functionsをTypeScript + webpackでalias(絶対パス)付きでビルドしてみる的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

firebaseが昨今注目されまくってて色々と情報があるわけで。
まぁAWSでいうlambdaみたいなものなんだけどこれがまた便利だったりするわけで。
ということでcron的な感じでts-nodeを使って色々と回してたTypeScript製のやつをfirebaseに載せちゃおうと思ったりなんだり。

tscでビルドするなりfirebase deployするなり色々と面倒な工程が増えたわけだけどもそれでも十分得るものは大きいなぁと。
けどその中で特に面倒だったのがtsconfig.jsonで絶対パスとしてファイルを読み込むために設定していたpathsがビルドされると自動で変換されないっていう。

ということで今日は絶対パスで記述していたtsファイルをビルドしてfirebase serveするまで的なお話をば。

2019年9月21日土曜日

Expo v35でiOS13対応でDark ModeとかApple IDでログインとかデバイス系の新しいAPIとか使えるようになったよ的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Expoがv35にアップデートした。
今回も前回から約2ヶ月以内となかなかのスピード。
主にiOS13という新しいバージョンへの対応がメイン的なお話みたい。
ちなみに残念ながらReact Nativeのバージョンはまだ0.59.8だったりする。

Expo SDK 34 is now available

ということで今日は変更点的なお話をば。

2019年9月11日水曜日

eslintルールのreact-hooks/exhaustive-depsを設定していると無限ループに陥った的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hooksは便利というかいい感じなわけで。
useStateとかuseCallbackとか色々とあるわけで。
その中で公式的にESLint入れるならばreact-hooks/exhaustive-depsとreact-hooks/rules-of-hooksを入れておけって言ってるんだけど、react-hooks/exhaustive-depsが悪さをしていたっていう。

ということで今日はreact-hooks/exhaustive-depsが悪さをするパターン的なお話をば。

2019年9月9日月曜日

react-nativeプロジェクトでSplash Screenの調整をしたい的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

React Nativeでアプリを書いていると、スプラッシュスクリーンが終わって画面が表示されるまでに白のブランクスクリーンが一瞬出てきてしまう。
ちなみにExpoでも出てくるんだけどもExpoではSplashというAPIがあって、Splashスクリーンを閉じるタイミングを調整できたりする。
けどReact Nativeではreact-native-splash-screenなどのパッケージを入れないといけないんだけど、これがreact-native linkだけで済むならばいいんだけどそういうわけにもいかなかったりするわけで。
個人的にはなるべくXcodeはいじりたくないという信念があるんだけどこればかりはいかんせん難しかったり。

でもまぁデザイン次第ではあるんだけどどうにかこれを解決する方法を見つけた。
ということで今日はデザイン次第ではあるんだけどSplash Screenの調整をサクッとやる方法的なお話をば。

2019年9月6日金曜日

React Nativeプロジェクトのリポジトリルートにあるindex.jsはindex.tsにしてはいけないお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんまタイトル通り。
これにしてしまうとビルドできない。
ちなみにリポジトリルートにあるindex.jsってAppRegistry.registerComponent(appName, () => App);みたいにするやつ。

というのもビルド(アーカイブ)するときにCLIだかシェルスクリプトが走るんだけど、それがindex.jsを指定しているから。
index.tsにしてもシミュレータではちゃんと走るんですけどという感じではあるんだけど、シミュレータはビルドしていないから。
なんでビルドできないんだって謎だったんだけどこういうオチ。
TypeScript化するのはいいんだけどできないファイルもあるよね的なみたいな。

Adsense