2013年7月18日木曜日

Titaniumもくもく会#10に参加してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学の先輩からブログ見てるよと久方ぶりに連絡があり、
Titaniumの勉強会あるから参加しない?と言われて参加してみた。
ちなみに会場は某niftyで先輩はスタッフやってた。

先輩と会うのも4年振りくらいとかだし、
他の人がどうやってTitaniumについてやってるとか知りたいっていうのもあるし、
ってことで参加してみたのでその様子でも。


■ListViewのススメ
ChatWorkの人がやってたライトニングトーク。
ChatWorkのアプリはTitaniumでやってるらしい。

ListViewとTableViewの違い的な。
Speaker Deckにスライドがあるよ的な
データ指向とビュー指向。
250個の行を表示するのに最低でも12倍くらい違っていいなと思った。

ListViewを使う場合ってAndroid3.1以上じゃないといけないわけだけど、
そこらへんは使っている人ってやっぱ無視してるのかな?と気になった。
2.2と2.3を会わせてまだ30%近くいるだかっていう話だし、
クライアントとしてはほぼ全機種対応してほしいということもあるわけだし。
ということでここら辺がどうなっているのかを知りたいなと。
■TiCameraView
モジュールの開発をしたっていう内容のライトニングトーク。
直接カメラのViewが埋め込めるという中々画期的なものらしい。
ソースはgithubにあるよ的な感じ

撮影しながらフィルタをかけられるようにもなるし、
色々と使い道がありそうですごくよさそうな感じ。
Androidの対応が大変そうだけど、頑張ってほしいなと思った。
■TiFlatUISample
TitaniumのFlatUI的な紹介のライトニングトーク。
Objective-Cで元々公開されてたFlatUIのものをラップして、
Titaniumで使えるようにしたらしい。(iOS5以上)
ソースはgithubにあるよ的な感じ

FlatUI確かに流行っているしいいなと思う。
特にprogressBarとかネイティブのものをフラットにする場合って、
自分でImageViewとか使ってイベントハンドラで云々…みたいなのがあるけど、
そもそもそんなのを作るのは面倒になるわけで。
Androidとかも対応してるといいなぁと個人的には思う。
■Titaniumマネタイズ事例
無料アプリでマネタイズするとは的なライトニングトーク。
AdNetWorkとCPIのお話。

釣り動画 - FishingTubeというYoutubeの釣り動画専門アプリ的なものを例として。

●AdNetWork
金額的なお話としては、nend > i-mobile > admobってな感じらしい。
各プロパイダで時期によっては値段も変わったりするから手動で変更する必要があるみたい。
手数料がちょっと取られるけどAdStirを使うといいらしく、モジュールもあるらしい。
ちなみに各社における自社広告配信機能というのが便利らしく、
自分が作ったアプリの宣伝を無料で出来るとのこと。

●CPI Ad
アプリインストール型広告で成果報酬型。
自由なレイアウト。
Adcropsというところが主にやってるとのこと。
おすすめアプリを紹介するアプリみたいな感じで便利らしい。
アイコンだけ置くとかみたいな。
こういうのは意外と審査ではじかれなかったりするらしい。
■聞いてみて
マネタイズ的な話が特にためになったと思った。
開発側としてはもちろん有料でとかって考えるけど、
まずは先立つものとしてマネー的なお話もあるしなぁという感じ。
というかそもそもこういう勉強会でマネー的な話が出てくるとはって感じでもあったり。
やっぱこういう勉強会っていいなって思った。


4年振りくらいに会う先輩は見た目的には変わってなかったけど、
立派に仕事もしててさすがだなぁとちょっと刺激受けたり。
それに色んな人がこんな感じでTitaniumやってるよっていうのもわかってよかった。

自分もそのうちこういう勉強会的なものでライトニングトークしたいなと思いつつ、
したらしたで噛んじゃうような感じになっちゃうのかなぁとちょっと不安にもなってみたり。
もちろん捕らぬ狸の皮算用的なお話であるので、作ってから真面目に考えたいと思う。
とりあえず今考えてるアプリをそろそろ本当に作り終わってリリースしようかなと。
(リリースするする言っててもう半年以上経ってるので…)

Adsense